Professor's Tweet.NET

台風一過の月曜日

あれだけの雨が降って風が吹いていたのだから、1時限目は休講かも…という、淡い、勝手な願いも泡のように消え、無事に1時限目が終了しました。ただ、現代教養の授業で10数名が休みでしたし、やはり遅れてくる学生が多かったですね。今日は大事なところだから、できればなるべ出てもらいたかったのですが…。かといって、翌週送りとかもできませんので、やらざるを得ないですね。

それにしても、です。研究室に行こうとしたら、研究室のあるF館の扉のガラスが割れているではありませんか!しかも、ここは基本的に閉めないドアで、きちんと閉まる構造でもないので、外から葉っぱが入り放題です。

我が家も屋上に置いていたベンチやケースや縄ばしごが自由に動き回っていて、人工芝もめくれ上がっていました。もっとも、人工芝と行っても毛の部分はほとんどなくなっていたのですけどね。ただ、その残害もあちらこちらの飛んでいて、ご迷惑をかけております。貸家にしていて今は誰も住んでいない家は、勝手口が壊れていました。また、近所では木が折れて、車の窓ガラスが割れたり、ボンネットがへこんだりしたお宅もありました。都内では交通がかなり混乱している模様です。そりゃぁそうでしょうね。だいたい台風に対する備えとか事後処理とかの経験が薄いですからね。

さて、本学に話を戻すと、湘南キャンパスは欅をはじめとしてたくさんの木が植えてありますから、当然のことながら、枝葉があちらこちらに散乱しています。1時限目でしたから、来るのも早く、まだ掃除も終わっていませんので、枝葉をバキバキ言わせながら駐車場まで行きました。授業が始まる頃には地球防衛軍の皆さんも枝葉の処理に追われていました。

だいたいは欅の葉っぱが散る頃の光景ですが、仕方がないですね。100分の授業が終わる頃にはだいたいの掃除は終わっていました。F館の扉にはダンボールが貼ってありました。

やはり台風は恐ろしいです。これくらいの被害ですんだのだから、まぁ~よしとしましょ(^^)

台風一過の青空で、外は暑くなりそうです。

 

投稿者プロフィール

馬場 弘臣東海大学教育開発研究センター教授
専門は日本近世史および大学史・教育史。
くわしくは、サイトの「馬場研究室へようこそ」まで!
Exit mobile version