《緒形拳研究会》GACKTさんの告白

今日のつぶやき
《緒形拳研究会》GACKTさんの告白

今日はフジテレビで、ミュージシャンで俳優のGACKTさんを坂上忍さんがインタビューをする番組をやっていました。幹太さんや元マネージャーのハッピーさんから連絡を受けて、拝見しました。

お二人が共演したのは、2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」で、GACKTさんが上杉謙信役を、その軍師宇佐美定満役を緒形さんが演じた時でした。緒形さんは、GACKTさんと共演するにあたって、すべての曲を聴いたそうです。そうした姿勢が通じているのでしょう。GACKTさんは演技はもちろん、いろんな意味で緒形さんに救われたとおっしゃっていましたね。北條美智留さんから聞いた話では、GACKTさんは演技をする際に、終わった後にすぐに緒形さんの顔を見ていたそうです。そこでOKを出すと、本当に嬉しそうにするんだぜ、とおっしゃっていたそうです。そんな話をGACKTさんもされていましたね。

すでにその当時、緒形さんは癌に冒されていたけれど、でも、具合が悪くてもGACKTさんが待っているからと現場に出て行ったそうです。現場では具合が悪い様子は一切見せなかったとおっしゃっていましたね。確かに緒形さんは「死ぬときは役者で」とおっしゃっていましたし、まさにその通りの人生でした。

GACKTさんはあの笑顔を見たくて頑張ったとおっしゃっていましたが、そうなんですよね。まさに人垂らしの笑顔でした。美智留さんは、あの笑顔にみんな騙されるのよ、とおっしゃっていましたが、確かに騙されてしまいます(^^)

今年の10月から11月まで東海大学湘南キャンパスの付属図書館11号館展示室で、来年の10月から11月まで横浜市歴史博物館で緒形拳さんの展示会を開催します。すでに何回か告知していますが、今日の番組を観て、うん、頑張ろう!と気持ちをあらたにした次第です。ただいま、資料の絶賛整理中です。

写真は、緒形さんと最後に撮ったもの。早稲田大学の大隈講堂で、一人芝居「白野」を観に行った時に楽屋で撮ってもらったものです。

緒形拳さん、北條美智留さんと

投稿者プロフィール

馬場 弘臣

馬場 弘臣東海大学教育開発研究センター教授
専門は日本近世史および大学史・教育史。
くわしくは、サイトの「馬場研究室へようこそ」まで!

コメントを残す

コメントを残す

«
»
  • LINEで送る