Professor's Tweet.NET

若葉萌ゆ 青空に映ゆ

月曜日になってみたら、3時限目現代教養の「江戸学と現代社会」が260名になっていました。木曜日の3時限目も211名と200名を超えてしまいました。これはもうストップをかけるしかないですね(^^;)

さて、4月もいよいよ下旬に突入しようとしています。また今日は天気がいい!一昨日の大雨がウソのように雲一つない青空です。もう初夏ですね。

1号館の前の欅も柔らかな翠の若葉となり、噴水公園のツツジも咲き始めています。青空に映えます。ちょっと授業の合間にキャンパス内を歩いてみました。実際、オンデマンドの授業ですからじっとしていると椅子にお尻がくっつきそうです。

こちらは私の研究室から見た窓の外、E館の風景と、研究室のあるF館です。随分と差がありますね(^^;)いずれにしてもメタセコイアがかなり色濃くなってきましたね。

ひと月前には薄桃色に咲き誇っていた武道館の周りもすっかり葉桜に変わりました。噴水池の脇道から中央通りを望むと欅の柔らかな翠が輝いています。天気がいいから、今日は富士山も見えます。冬ほどくっきりはしていませんが、それでもこの時期にしてみれば輝くほど美しいです。丹沢山系に大山もそうですね。気持ちが洗われそうです。

昔はこの時期、あちらこちらで青空に泳ぐ鯉のぼりが見えたものですが、近年は随分少なくなりました。この鯉のぼりは、私のうちの近所で泳いでいたものです。やっぱり鯉のぼりを見ると初夏だな、連休も近いなと思います。

若葉が萌え、青空に映えて、鯉が泳ぐ…。初夏来りぬ!!

投稿者プロフィール

馬場 弘臣東海大学教育開発研究センター教授
専門は日本近世史および大学史・教育史。
くわしくは、サイトの「馬場研究室へようこそ」まで!
Exit mobile version