Professor's Tweet.NET

八之助は元気です!

この12日(火)で授業の履修生人数が確定しました。文理共通科目の江戸学と現代社会は、月曜日の2時限が315名、3時限が397名であわせて712名です。基礎科目の人文科学における歴史学は、何度か書いていますように実質クォーター制ですから、7回で交代します。木曜日の2時間目と3時間目で合計すると301名。一般教養系だけで1013名ですか…。まぁ~毎回、Googleフォームを使ってテストをやりますが、点数はつけてくれますから、その分はまだよいのですが、どっちみち成績をつける時は地獄ですね(^^)レポートも書いてもらいますし。

でも、考えてみれば、この人数でもオンデマンドの遠隔授業だからやれることでもあります。卒業論文基礎1と卒業論文の2つのゼミは対面授業でやっています。日本史情報処理は今のところ、オンラインとオンデマンドを組み合わせていますが、11月になったら対面もやってみようかとは思っています。

10月も半ばになって、じっさい疲れが溜まってきましたね。なかなか仕事も進みませんし。やはり卒論のことが気がかりです。

でも、八之助はこの上もなく元気です。こちらは草玉と言ったらいいのでしょうか?食べられるようになっていて、ついでに上から吊して遊ぶこともできる…という目的で作られているのでしょうか。とりあえず、ケージに吊ってみたところ…。

八之助君!とっとと吊り紐を囓って切ってしまいました(^_^;)アホではないな、こいつ!

https://www.ihmlab.net/tweet/wp-content/uploads/2021/10/14778498936930.mov

で、落とした後は、暇を見つけては囓って食べて遊んでおりました。そして1週間もすると…。

手前に写っているのが、上の写真の吊り玉です。さすがにもう見る影もありません。八之助はとにかく囓って遊ぶのが大好き。これはうさぎそのものの習性でしょうか?そう言えばななも辺り構わず囓っていました。カーペーットもだいぶ囓られました。でも、この吊り玉は余程気に入ったのか、美味しかったのかはわかりませんが、気に入ってもらえたことは間違いないようです。

とにかく、八之助は元気です!僕も負けないように元気でありたいものです(^^)/

投稿者プロフィール

馬場 弘臣東海大学教育開発研究センター教授
専門は日本近世史および大学史・教育史。
くわしくは、サイトの「馬場研究室へようこそ」まで!
Exit mobile version