Professor's Tweet.NET

日もとっぷりと暮れて…。

髪の毛が伸びすぎて、早く切りたいです。今は邪魔だから、ゴムで結んでいるのですが、トイレの鏡で見るとただの変な親父です(^_^;)毎年、縁起担ぎで、全員卒論を提出するまでは切らないことにしています。7月に切って、途中で切ればよかったのに…と、毎年思っています。

午後8時。まだゼミ生たちは卒論を書いています。さて、いつになったら帰れるやら…。

夕方、気晴らしにちょっとキャンパス内を散歩していました。昨日は昼間に歩きましたが、今日は夕方、4時限目が終わったところで、といっても4時限目もオンデマンドなので、基本的には卒論の指導をしながら、授業でも何かあれば質問に答えられるようにしています。だから午後5時過ぎの風景ですね。

昨日のちょっと最後に載せましたが、昨日の写真は実は学生からもらったものです。昨日のゼミに来ていた他のゼミの学生です。で、昨日は研究室のある実験棟F館スロープからの写真でしたが、こちらはもう少し近づきまして、5号館の前から撮った写真です。赤い屋根の体操体育館の上で夕暮れに浮かぶ富士山です。ここから1号館に向かいます。

こちらは1号館前の富士見通りからみた富士山ですね。何だか夕方の方が富士山がくっきりと見えるような気さえします。でも、本当にこの富士見通りは真っ直ぐに富士山に向かっているんだなと改めて思うのでした。

はい、こちらは1号館の屋上から見た富士山です。iPhone13のZoomでもデジタルズーム機能を使っていますから、画像は粗いです。でも、富士山の冠雪がうっすらとですがわかりますよね。そして…。

こちらも昨日、写真を載せましたが、同じところから撮っています。右端に富士山、左端に箱根の二子山が見えます。夕陽を受けた稜線がきれいですね。ついでに学内のオレンジ灯も光を放って輝いています。夕暮れの景色は昼間とは違って、幻想的ですね。

こちらは1号館かの帰りに中央通りで撮った写真です。正面に見えるのが1号館です。学生たち、ちょうど4時限目が終わって帰る学生と部活の学生たちが交差しています。キャンパスが広いので、自転車を利用する学生も多いです。教室が離れていると15分の休み時間では移動だけでたいへんですからね。だいぶ葉っぱが落ちた欅の向こうの1号館。この後、噴水池ではクリスマスイルミネーションが点灯されます。ただし、例年に比べるとずっと質素です。クリスマスイルミネーションの時期には住民の皆さんも見学に訪れたりますが、今は入構もできません。

研究室のあるF館に戻ったら、時計台の向こう、6号館の上、欅の枝の間に1番星が…。明日もきっと晴れ。みんなの願い事が叶いますように!とりあえず、無事に卒論を提出して!今はそれだけですね。

頑張れ4年生!!あと少しだぁ。そろそろ9時になります。

投稿者プロフィール

馬場 弘臣東海大学教育開発研究センター教授
専門は日本近世史および大学史・教育史。
くわしくは、サイトの「馬場研究室へようこそ」まで!
Exit mobile version