Professor's Tweet.NET

〈ここで一句〉 卒論は 書けば終わりよ 二十日まで!

研究室から窓の外を眺めると、いつの間にかすっかりと冬模様に変わっています。確かにここのところ、かなり冷え込んで参りましたね。ちょっと学内のコンビニまで昼ご飯を買いに行ったら、今年の4月にオープンしたばかりの19号館も青空の下、白い校舎が一際輝いて見えます。気のせいかしら。

さて、卒論の提出日が迫っているので、今日も出勤です。幸い研究室も暖房が使えますので、いつまででもOKです。と、言っていたら、昨日は9時までやっていました。で、今日は2人です。それでも遅れている学生がいて、今年はとりわけ心配しております。残りは後…。

そう、11日なのですね。ここに書き込んでいる学生はもうほぼ終わっているので安心なのですが…。何とか気合いを入れなきゃ…。ということで、ちょっと覗いたTwitterにあった言葉を援用させてもらって、いつもゼミ生に使わせている共同会議室の白板に気合いの一言を書いておきました。

そう、書けば終なんだからさぁ~。PCも用意してあるのだからさぁ~、最後の追い込みだぞ!!

投稿者プロフィール

馬場 弘臣東海大学教育開発研究センター教授
専門は日本近世史および大学史・教育史。
くわしくは、サイトの「馬場研究室へようこそ」まで!
Exit mobile version