歴史コラム」カテゴリーアーカイブ

宝永富士山砂降りの砂

5月の10日から毎週火曜日、小田急線相模大野の駅の近くにあるユニコムプラザさがみはらで行なっていた古文書講座が昨日、無事に終わりました。東海大学エクステンションセンターが主催した生涯学習の一環です。受講者は16名でした。 … 続きを読む

カテゴリー: 史料学研究, 歴史コラム | コメントする

熊本大地震 あぁ…熊本城

14日の午後9時26分に熊本県益城町を中心に起こった震度7を記録した熊本大地震は、その後も何度も震災をくり返し、本日、16日の未明、午前1時25分に起きた本震によってさらに壊滅的な被害をもたらしています。まだまだ大きな余 … 続きを読む

カテゴリー: 日々徒然, 歴史コラム | コメントする

震災遺構、モニュメント、イベント その2…宮古から久慈へ

今日がいよいよ本番です。というより、行き帰りにほぼ1日を要しますから、基本的に視察は今日1日しかありません(^_^;)効率的に回りたいところですが、何せ三陸鉄道はだいたい1時間に1本の運行です。今回の視察では何より田老地 … 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト研究, 歴史コラム | コメントする

震災遺構、モニュメント、イベント その1… 宮古へ

東日本大震災からこの3月11日で5年が過ぎました。まだ5年、もう5年…その捉え方はさまざまですが、現状はどうなのでしょうか?昨年に続き、今年も本学文明研究所のプロジェクト「震災復興と文明」の一環として、昨年の宮城県の仙台 … 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト研究, 歴史コラム | コメントする

【告知】湘南キャンパスの記憶展&古文書講座

東京でも昨日、桜の開花宣言がありました。桜前線は確実に北上を続けているようで、大学も卒業式、そして入学式の季節となりました。 ◎湘南キャンパスの記憶展 この二大行事を目指して、本学の学園資料センターでは新しくいただいた展 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史コラム | コメントする

大阪大学 鴻池家文書の調査

すでにお知らせしたとおり、本日は大阪大学経済学研究科経済史・経営史資料室所蔵の「鴻池家文書」のうち、「小田原掛合控」という史料の閲覧・撮影に行って参りました。ただいま、帰りの新幹線車中です。 鴻池家は、江戸時代大坂を、と … 続きを読む

カテゴリー: 史料学研究, 歴史コラム | コメントする

江戸時代の藩はいくつあったか? 館山市立博物館の講演

今年度最後の講演もどうやら無事に終わりました。何度かお知らせしましたように、千葉県は館山市立博物館の講演です。80名が定員のところ、満杯でした。館山ではやはり戦国大名の里見氏が有名ですし、タイトルもちょっと堅かったので、 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史コラム | コメントする

千葉は館山へ!

今日は3月11日。改めていうまでもなく、東日本大震災から5年の月日が流れました。まさに、”流れた…”という言葉がピッタリかも知れません。ここのところ、テレビ、新聞等々マスコミでもいろんな特集が組まれています。当時考えたこ … 続きを読む

カテゴリー: 歴史コラム | コメントする

史料管理学演習2015

2月22日の月曜日から恒例のウィンターセッション科目「史料管理学演習」が始まりました。1日3コマ×5日間!結構、きついです。何せ21日の日曜日は講演会をやったばっかりですし。 この授業についてはほぼ毎年このBlogで報告 … 続きを読む

カテゴリー: 史料学研究, 歴史コラム | コメントする

富士山噴火 砂はどれだけ降ったか?

既報の通り、本日、2月21日(日)は厚木市史歴史講座の講演会でした。ところが、朝起きたら腰が痛くて…。腰を寝違えて?!しまったのでしょうか?ぎっくり腰の症状で、靴下を穿くのもひと苦労の状態でした(^_^;) さて、これも … 続きを読む

カテゴリー: 歴史コラム | 2件のコメント