おかげさまで1周年…!


おかげさまで本日4月11日、本サイトも1周年を迎えることができました!!まだまだ完成にはほど遠く、blogもなかなか恒常的にとは行かず、気まぐれなままです(^_^;)いくつか書きかけてはいるのですが…、そう書き上げないままになっています。でも、まぁ気持ちを新たに今後も頑張っていきたいと思います。blogも一応、週2回、月8回を目標にしたいですね。

また、とくに今年は、このサイトを開設する契機となった教育研究所の個別研究プロジェクト「近代村落小学校の設立に関する基礎的研究」の最終年度にあたります。最終年度には、その成果として、対象となる栃木県安蘇郡閑馬村(現佐野市)の閑馬小学校関係資料を、学制下を中心とした明治期の資料ですが、これを翻刻して資料集を刊行する予定です。その一部は電子史料(電子書籍)にしてこのサイトにもアップしたいと思っています。また、閑馬村の資料整理については、史料管理学演習の授業のあり方を含めて論文にしたいと思っています。また、それぞれ公表できるようになったら、お知らせします。

せっかくですから、サイト管理者の目七君に本サイトに関するデータをまとめていただきました。昨年7月から3月末までのデータですが、アクセス件数が7,583回、ユーザー数(重複分を除いたサイトの来訪者数)が4,417ユーザとなっています。アクセス件数は、月平均842件、1日ですと27.6回といったところでしょうか。地味なサイトの割には上出来?ではないでしょうか。もちろん、とくにブログの内容や更新によって日ごとにでっこみひっこみはあります。そこでアクセス件数の多いblogのBest5をみてみますと

(1)3.11大震災に寄せて 元禄地震と富士山噴火

(2)江戸は寒い!—歴史気候学からみた江戸時代—

(3)電子書籍時代の史料翻刻(10) ニ而江茂者与越より 外字は是か非か?

(4)電子書籍時代の史料翻刻(11) 古文書(史料)筆写要項

(5)電子書籍時代の史料翻刻(14) PDFとドキュワークス

となりました。1回しか書いていませんが、やはり地震や富士山噴火に関する興味は大きいようですね。これももっともっと書きたいことがあるのですが、ただいま論文の準備中で、もう少しまとまったらまた少し書いてみようかと思います。2番目は歴史気候学でした。去年の9月に集中的に書いたものですね。その時は秋の夏空ということで、残暑が厳しいということがそもそものきっかけだったのですが、しかしこの冬は一転、寒かったですね。でもこの夏の酷暑と厳冬という現象は何やら江戸時代の終わり、文政期(1818〜1830)ころの状況に似ているような…。詳しくは上記のblogをぜひご覧下さい。

3番目から5番目が「電子書籍時代の史料翻刻」というのはうれしいですね。「史料学」シリーズとならぶこのblogの大きな柱ですからね。ちなみにEPUB3.0も一太郎2012承で作成できるようになりましたし、先にも書きましたように今年は個別プロジェクト研究の最終年度ですから、新たに「新・電子書籍時代の史料翻刻」を書きたいと思っています。乞うご期待(^^)/

それからどんなキーワードで本サイトに来訪して下さったかなと、これもちょっと調べてみますと「馬場弘臣」が1番目というのは当然でしょうが、2番目が「元禄地震」になっていて、3番目が「古文書の読み方」になっていました。もちろん、類似のキーワードが多いのですが、このほかに目立つものとして「北條秀司」「史料学」「気候学」、それに「甲状腺眼症」などが多いようです。とくに「甲状腺眼症」については同じ患者さんの参考になればこの上ないですね。

ということで、サイト開設1周年を記念してデータ的にちょっとまとめてみました。まだまだ亀の歩みですが、よりいっそう頑張って充実させたいと思いますので、今後ともさらにさらによろしくお願い申し上げますm(_ _)m

馬場弘臣 のプロフィール写真
カテゴリー: 日々徒然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*