【予告】閑馬村文書検索システムと史料画像の公開について


いつのまにか5月も半ばを越えてしまいました。ホームページ開設1周年にあたって、blogも週2回、月に8回ぐらい書けたら…なんて言っていたのに、それもどこ吹く風です(^_^;)

さて、本日は私が所属している教育研究所の個別プログラム研究「近代村落小学校の設立に関する基礎研究」の今年度初会合でした。3年計画のプロジェクト研究も今年度が最終年度になります。もっとも、昨年度は私自身の病気のために大きく遅れてしまいましたが…。何とか遅れを取り戻して頑張らなければなりませんね。

第1回の会合では、研究成果の公表について話し合いました。プロジェクト研究の項にも一応、書いていますが、最終的な目標確認です。そう目標は

(1)明治前期、栃木県安蘇郡閑馬村閑馬小学校(現・佐野市)に関する史料集の刊行

(2)閑馬村関係文書の史料整理と史料管理学演習についての研究発表と論文作成

(3)ホームページを利用した研究成果の公表

の3点です。それぞれの具体的な内容と経過については、進展に応じて折に触れて書いていきたいと思っています。また、論文の輪読と史料の検討を中心とした勉強会についても新たに始めることにしました。もうあまり時間もありませんので、頑張っていかなければ…。

ということで、本日は(3)のホームページについて一言。このblogでは(1)電子書籍時代の史料翻刻(1)〜(15)、新・電子書籍時代の史料翻刻(1)〜継続中、史料学(1)〜(9)継続中、の3本を連載のような形で書いてきました。これらについては、まとまった段階でリライトして史料学研究のエリアに掲載しようと思っています。また、刊行する史料については、電子書籍形式(EPUB3.0)でも公開する予定です。まぁ、これらについては少し時間が掛かるでしょう。

ということで(ちょっとしつこいですが…^_^;)、本日は直近の成果発表としまして、閑馬村関係文書の検索システムの公開についての告知です。閑馬村関係史料は総数が245点で、点数的にはたいした量ではないのですが、とにかくこれは史料目録をはじめとする研究データベース公開の第一弾となるものです。ホームページを作成してくれた目七君はなかなか素敵なシステムを組んでくれました。今回の目玉は、なんと言っても閑馬小学校関係史料50点余の画像写真(PDFファイル)を公開することです!canonの一眼レフカメラによる史料の撮影方法史料画像のPDFファイル化についてはこのblogでも紹介し、いずれは公開すると言ってきましたが、ようやく実現することができそうです。

閑馬村関係文書の検索システムと明治期閑馬小学校関係史料の画像!来る22日に公開の予定です!!乞うご期待!!!

馬場弘臣 のプロフィール写真
カテゴリー: プロジェクト研究, 史料学研究 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*