【徒然】節分過ぎて…湘南冬景色


今日は立春です。ということは、昨日は節分。我が家では少しだけ豆をまいて、「活鮮」という廻転すし屋さんで買ってきた恵方巻きを食べました。しかし、恵方巻きの浸透はうまいことをやったものですね。豆まきの豆だけではたいした利益にはなりませんからね。バレンタインまでの間にもう一つちょっと大きな売り文句が出たわけで、我が家でもそれに乗っかって堂々と太巻きにかぶりつくと言ったところです。

ところで節分は、季節の移り変わりを祝う行事ですから、本来、立春、立夏、立秋、立冬の前日の年に4回あるわけです。この中で立春の前日の節分だけが特別扱いを受けているのですね。それだけ春を待ちわびているということでしょう。そう言えば昨日、どこかのテレビ局のニュースでは、節分は昔は大晦日のことだと言っていました。うそつけ!井原西鶴の「世間胸算用」には、借金取りに追われた人々の年末の悲喜こもごもを描いた話が出てきます。この年はとくに大晦日と節分が重なっているからたいへんなのだと。大晦日と節分は必ずしも同じ日ではなくて、年によって重なるときもあるのですね。

というわけで、季節はすでに立春を迎えたわけですが、まだまだ厳しい寒さが続きます。そこで、せっかくですから、この冬ちょっと撮りためた湘南キャンパスの風景をお届けします。おかげさまでこのサイトのテクニカルディレクター?!の目七君が、iOSやAndroidOSで写真が横倒しになったり、逆さまになったりする現象を回避する方法をみつけてくれましたからね。でも、本当に大丈夫かな…ということを試す意味でもちょっとupしてみます。

まずは、1号館から見た富士山に大山の風景もろもろです。

IMG_0013IMG_0010

IMG_0008IMG_0021

IMG_0020続いて中央通り付近の風景です。この前にも書きましたように、冬は欅などの葉っぱが落ちますので、普段は見えなかったいろいろな風景が見えてきます。それもまたいいのですね。

IMG_0182IMG_0174

IMG_0193IMG_0202

 

 

 

 

 

 

IMG_0208陸上競技場脇の並木の向こうに1号館や大山が見える風景は冬ならでは!です。そう言えば、昨日、鶴巻温泉駅から大学まで歩いてきたのですが、途中にあるおおね運動公園では白梅がきれいに咲いていました。

IMG_0188IMG_0191

今年も一つ叫んでみましょう!春よ来い!早く来い!駆け足でやって来い!!でも、新学期になるのはちょっと待って…(^_^;)

馬場弘臣 のプロフィール写真
カテゴリー: 日々徒然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*