【徒然】湘南 明日に架ける虹


台風18号の列島縦断と、太平洋岸を北上した台風17号の影響で、北関東と東北に甚大な被害が出ました。鬼怒川の決壊には言葉を失いました。竜ヶ崎市史をやっていたころ、治水と用水の分野の研究を担当していて、とりわけ小貝川・利根川と並んで鬼怒川にも興味を持っていましたから。わが故郷、福岡の八女地方が大雨の被害に襲われたのが一昨年だったと記憶しています。昨年は広島で被害があって、ここのところ、東日本大震災を含めれば、ここのところ、毎年のように水の被害がくり返されているようです。ここのところ、災害史に着手し始めたわが身をふり返ってみて、何とか自分の研究が役に立たないものかと考えてみたりもします。 そんな時期になんなのですが、また、ここのところ、ブログの更新もままならず、8月はついにサボってしまったのですが、9月10日木曜日の夕方、あまりに見事な虹が出ていたものですから、Upしたいと思います

IMG_2566

IMG_2572

IMG_2576

いかがでしょうか?なかなか完璧な虹です。しかも2枚目をみれば明らかなように、二重の虹になっています。普通は画面に収まりきれませんから、iPhoneのパノラマ撮影機能を使って撮ってみました。

さて、昨日から、平塚市で夏の古文書合宿をやっています。人数的にはちょっと淋しい状況ですが、みんな頑張って勉強してくれていますので、また、この様子については、改めてUpしたいと思います。

馬場弘臣 のプロフィール写真
カテゴリー: 日々徒然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*