【徒然】どうにかこうにか…ラストスパート


ここのところ天気がよくて、とくに昨日の土曜日などは、天が高すぎるほどの蒼さで、すがすがしい気分満開でした。ただ、卒論の提出もいよいよ20日の火曜日に迫ってきましたので、今日はスクランブル出勤です。でも、せっかくの青空ですので、ちょっと5号館の周りを散歩してきました。

img_5445総合体育館前の星を仰ぐ青年像も、空の蒼さを全身に浴びているようです。ふと思いついて、7号館の屋上に上がってみました。7号館は体育学部の先生方の研究室がある棟で、ここからは富士山や丹沢の眺めが素晴らしいはず…。なにせこの天気!朝から富士山もきれいに見えていましたからね。

img_5453img_5449

いや~、予想通りでしたね。1号館や3号館から眺める風景とはひと味違っています。富士山の左側に見える団地は、秦野市の下大槻団地です。

さらにここからの眺めであっ!と思ったもの。本学の武道館と武道館の門です。武道館の門が、東京の水天宮が建て替えられる際に贈られたことは以前に述べたとおりです。本学の創設者のひとりで、福岡は久留米藩の藩主有馬家の末裔で、戦前に農林大臣を務めた有馬頼寧との関係によるものでした。水天宮の本社は久留米で、有馬家は水天宮の代々宮司でもありました。そう言えば、もうすぐ最後のG1レース、有馬記念ですね。有馬記念の有馬は、戦後に競馬の復興に尽力した有馬頼寧を記念したものです。

img_5452

春が来たら、武道館の門を彩る桜の眺めは絶景でしょう。また、その時期には桜の便りを御届けしたいと思います。

さて、肝心の卒論ですが、1枚目が金曜日、2枚目が土曜日の写真です。

img_5443img_5474

やっぱり女性陣の方が地道にやるからでしょうかね。土曜日は男子学生だけです。でも、一緒に教えあっている風景はなかなか微笑ましいですね。と、いっても実はExcelの表の作り方を聞いているところでした。今さらなんて言わないでくださいね。やっぱり、その場でないと人間ってなかなかやらないもので…。でも、そうした反省から、来年度のゼミ生にはWordやExcelの使い方から指導でしています。それにしてもWordは相変わらず使いづらいですね。縦書きの日本文でルビやインデントを多用するとなると、本当にそう感じざるを得ません。リボンなど、見た目は大きく変えながら、肝心の表現力はまったく進歩していませんからね。もっとも、一太郎も、例えばルビは文字の両方につけられるとか、フォントの大きさに差をつけるときに、ポイントなどで個別に指定するのではなく、基準のフォントに対して、相対的に○ポイント下げ、あるいは○%下げと言った形で指定できるといいのですが…。って、要求が高すぎですかね。

今日も実はスクランブル出勤を覚悟していたのですが、どうやら目途がたったようです。後は、ちゃんと提出してくれるのを待つだけです。提出しましたの連絡が来るまではまだ気を緩めるわけにはいきません。それにしても早く髪を切りたいものです(^_^;)

馬場弘臣 のプロフィール写真
カテゴリー: 日々徒然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*