【徒然】冬休みの装い


今日は仕事納めの日です。自宅作業用の原稿やらを取りにちょっとだけ大学に来てみました。学生も少なくて、学内を歩くと、遠くから運動部の学生たちの声が少しだけ聞こえてきます。昨日の雨が嘘のように、空は晴れ渡っていて、空の蒼さが一際目にしみます。風も冷たくて、すっかり葉っぱが落ちた中央通りの欅が、冬休みの装い準備完了と告げているようです。

img_5509img_5514

img_5510img_55151号館も欅が葉を落としている時でなければこうして真正面から全体を見ることができませんからね。

この欅が芽を吹く頃には、また新しい学期が始まりますが、その前にしばらくはこの冬の景色を楽しむことになりそうです。

とりあえず、今年も後3日。本当にあっという間ですね。昨日は、学園史資料センターの忘年会で、最後にみんなが一言ずつ、今年一番印象に残ったことを話したのですが、まったく頭に浮かばなかったですね。まぁ、それだけ充実していたということにしておきましょう。

昨夜は福岡の実家からあまおうを送ってきました。「にいちゃん、おおきかつとこまかつ(小さいのということです。あしからず)ば入れといたばい」と言っておりましたが、これがその苺です。右のやつは100グラムを超えています。大きすぎて出荷もできません。でも、食べ応えは充分です。1個で充分と言いながら、娘が食べてしまいました。これもまた、我が家の冬景色です!

img_5507img_5508

 

馬場弘臣 のプロフィール写真
カテゴリー: 日々徒然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*