【徒然】2012年の初詣part.2 原宿にて—明治神宮と東郷神社


昨日4日は、またまた原宿のオリンピア眼科病院に通院でした。下の方が二重に見えるので、結局、もう一度手術をすることになりました。といっても悪くなった右目ではなく、今度はいい方の目、左目の後ろの筋肉を緩めて左右のバランスをとるのだそうです。2月の予定ですが、本当に甲状腺眼症という病気はやっかいです。

クリスマスの頃と違って表参道はすっかり初詣モードです。そういえば、表参道の交差点にある大きな石灯籠をみて、うちのかみさんが「なんでこんな街のど真ん中にこんなものが立っているの?」って聞いてきたことがありました。

「何でってお前ここをどこだと思ってるんだよ」「どこって表参道でしょ?」「だからぁ、表参道だからだろ!」「ん?んん?なんで?」「だからぁ、参道って言ってるやん」

若者の街、ファッションの街、いろんな形容詞があって表参道は、それ自体が「表参道」という個別の地名として成り立っているように思いがちなのですが、あくまでもこれは表の参道なのですよね。そう、明治神宮の。あまりにも有名な街であるがゆえに、何となく忘れがちなようです(^^;)今は、しっかり、ずらっと道に沿って「明治神宮」の提燈が下がっていて、はっきりとそれと主張しているかのようです。

明治神宮は「村」の神社である子之神神社とも、古代からの国家の政策として成立したような「相模国総社」としての六所神社とも違って、近代に入って作られたところの、明治天皇と昭憲皇太后という具体的な「人」を祀った神社です。初詣としては日本で一番人が集まる神社なのですが、びっくりしました。帰ろうと思って原宿駅に行ったら、新宿方面は明治神宮に直通する臨時の改札口からだけしか乗車できないとのこと。しかも新宿に行く人は渋谷まで行ってから乗り換えて下さいと言われました。しょうがないのでそうしました。

原宿にはもう一つ、東郷神社もあります。言わずもがな、かの日露戦争における日本海海戦でロシアが誇るバルチック艦隊を破った元帥海軍大将東郷平八郎を祀った神社です。ここ3年ばかり、NHK大河ドラマが終った後の時間帯で、年末に司馬遼太郎原作の「坂の上の雲」が放送されていましたから、最近はとくになじみになったかと思います。そんなこんなで、ここの「勝守」のお札は受験や勝負事に効くということで人気が高いそうです。いずれにしても、人を祀った神社であることに変わりはありませんが、陸軍大将の乃木希典(まれすけ)と静子夫人を祀った乃木神社といい、いわゆる軍人が神になりやすいのも一つの特徴でしょうか。乃木神社は、乃木と夫人が明治天皇崩御の後を追って殉死したことを受け、生前の功績とその追悼のために建てられたのでした。東郷は、自らの神社を建てることは強硬に固持したそうですが、結局、その死後に建立されることになります。いわゆる陸軍の神様である乃木神社に対して、海軍の神様が必要とされたのでしょう。

ただ、「軍人」が神様になるのは何も近代に限ったことでなく、考えてみれば「東照大権現」(東照宮)となった徳川家康も言わば「軍神」と言えなくもないなぁと思いつつ、家路につきました。私の実家、福岡は八女の地方で初詣に行くとしたら、村の神社の他にはまず、久留米の高良大社(こうらたいしゃ)があります。筑後国一之宮で、歴史的には社殿の背後にある国史跡、古代の神籠石(こうごいし)の遺跡でも有名です。神籠石は古代の山城の1形式で、高良山の列石が高良大社の霊域区画施設と考えられたことからこの名称となったと言われています。それから何といっても、とくに受験ともなれば、太宰府天満宮ですね。改めて言うまでもなく、菅原道真を祀った学問の神様です。これもまた「人」を祀った神様でしたね。菅原道真は通称「菅公(かんこう)」と呼ばれています。そういえば学生服の「カンコー」の「カンコー」という社名はこの「菅公」のことでしたね。天満宮は子どもの神様であり、学問の神様ですが、鎌倉にある鶴岡八幡宮の八幡宮はとくに武士の信仰を集めたことで、勇武の神様、武人の守護神となっていきます。本当にいろいろです。

明治神宮も東郷神社もとくにお詣りはしませんでした。別に他意があるわけではなく、我が家はいつも正月には伊勢原市にある大山阿夫利神社にお詣りして、お札をもらうことにしているからでした。

ということで、今日(5日)はかの大山阿夫利神社に初詣に行ってきました。大山阿夫利神社は「関東総鎮護」と称していて関東全域を鎮め守る神と言われています。子之神神社とも六所神社とも明治神宮とも東郷神社ともまた性格が異なる神社なのでした。そう考えると日本の神社というのは本当に多様でおもしろいですね。今日はまた、染み入るように真っ青な空が広がっていて気持ちのいい日でした。ちょっと遅くなりましたので、詳しくはまた明日、夜が明けてからということで一つお願いしますm(_ _)m

馬場弘臣 のプロフィール写真
カテゴリー: 日々徒然, 歴史コラム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*