Professor's Tweet.NET

祭りの後 宴の後

今日は卒業論文提出の〆切日。おかげさまで全員無事に提出しました。去年は遅れていると思っていたのですが、今年はそれ以上に遅れていました。来年の方がまだ…いやいや、安心はできませぬ。

昨日書いたように、今日は2時限目が授業でしたから、〆切時間は授業中でした。ただ、10時過ぎには未提出の3人が来て、最後の印刷や綴じ込みをやっていましたから、まぁ~安心はしていましたけれどね。それにしても、1番早く提出した3人は、黒表紙の裏を付けていなかったとか…。事務員のお姉さまに、普通は裏にも黒表紙を置いて綴じるものだと言われたそうな(^^;)だったら、やり直せばよかったのに。余裕があったのだから…と、思わんでもないが、ま、いいっか。

そして4時限は最後のゼミ授業。全員集まって、エナジードリンクで乾杯!で、授業評価を書いてもらって、卒論執筆やそんなこんなで盛り上がって終了です。

それにしても今月は、大学に来なかったのが1日だけで、明日も明後日も出勤しますから、20日以上連続ですね。残業代が欲しいくらいです。しかも最後の方は連日、10時過ぎまでやっていましたからね。

ゼミ室を片付けて、白板を消して、みんなが帰ったら、あっさりして、一気にさみしくなりました。卒業論文という「お祭り」が、「宴」が終わりました。でも、まだ一人…うん、頑張ってほしいものです。そして、次はいよいよ2020年度生にバトンタッチ。でも、その前に私もやることをやらねばなりませぬ。年が明ける前にやってしまいましょう(^_^)v

投稿者プロフィール

馬場 弘臣東海大学教育開発研究センター教授
専門は日本近世史および大学史・教育史。
くわしくは、サイトの「馬場研究室へようこそ」まで!
Exit mobile version