Professor's Tweet.NET

原宿の去年と今年

今日は原宿のオリンピア眼科で半年に1回の定期検診の日です。ここのところのジメついた天気が嘘のように晴れて、とにかく暑い!まぁ~雨よりマシかと思いながら表参道でちょっと買い物をして、原宿通りを通って眼科病院へ。それにしても表参道の歩道橋は好きだなぁ。今は欅の葉っぱが色濃くなって、とっくに初夏を通り越したといっているようです。ん?どちらかといえば夏空?

前にも書きましたが、それにしても原宿駅も変わったものです。あの可愛らしい駅舎が好きだったのですが、これだけ人が訪れたら狭すぎでしたもんね。それにしても表参道の歩道橋を吹きすぎる風の気持ちよいこと…。ここは一つ、原宿の一蘭でとんこつラーメンを!まさか原宿にも進出しているとは…。懐かしき博多の味です。

ここでも何度か書いていますが、2011年のことです。甲状腺異常からバセドー病の一種である甲状腺眼症という病気になって、ここオリンピア眼科で手術を受けました。早い話が、右目の裏の筋肉が固まって、眼球が動かなくなるという病気です。右目の眼球が動かないので、常に物が二重に見えます。車を運転していてもセンターラインが二つあるのです。そら、怖かったですわ(^^;)

こちらがこのサイトではお馴染み?!のオリンピア眼科病院です。原宿通りを抜けたところにあります。夏に手術を受けた時には、神宮の花火大会が間近に見えてきれいでしたね。今年は開催できるのでしょうか?

そう言えば、去年の定期検診も緊急事態宣言中のことでした。初めてでしたね。新宿から原宿まで山手線に座って乗れたのは。しかも一つ置きに!でした。今年も座れはしましたけれど、たっている方も結構いて様変わりです。

こちらは昨年の竹下通りの様子です。

もの凄く閑散としていました。写真からもおわかりいただけるのではないかと思います。それが、今年は…。

バイオリンを弾きながら竹下口の入口撮影をしているのは、もしかしらYouTuber?いずれにしてもほぼ同じ時期で、同じく緊急事態宣言下にあるのですが、まったくと言っていいほど様変わりしていますね。ここのところ東京の感染者数はかなり減っていますが、さて、これからどうなのでしょう?と、ちょっと気になった原宿でした。

投稿者プロフィール

馬場 弘臣東海大学教育開発研究センター教授
専門は日本近世史および大学史・教育史。
くわしくは、サイトの「馬場研究室へようこそ」まで!
Exit mobile version